ADHDに効果のあるコドミンとは

ADHDに効果のあるコドミンとは

ADHDは、注意欠陥や多動性障害とも呼ばれる、発達障害の一種です。
日本では、発達障害者支援法によって、発達障害の定義は決められていて、WHOの基準であるICD-10に基づいています。
ADHDには、多動性と不注意、衝動性の3つの症状があります。

 

多動性は、いつもそわそわしてじっとしていることができず、体を動かしていないと落ち着かないため、じっと座っていたり、黙っていることが苦手なのが特徴です。
不注意は、注意力を持続することができず、長時間何かに集中することが苦手なのが特徴です。

 

衝動性は、怒ると乱暴になって手を出してしまったり、思いついたらすぐに行動に移してしまうのが特徴です。

 

ADHDの子供には、あまり叱らずに冷静に対応してあげることが大切で、褒めてあげることでやる気の原動力となります。
そんなADHDの症状には、コドミンというサプリメントが効果的といわれています。

 

コドミンの主成分ホスファチジルセリンは、大豆に含まれている成分で、脳細胞を活性化させてくれると考えられています。

 

また、脳への血流を改善させて、記憶力や集中力、落ち着きのある行動をサポートしてくれる働きがあります。ラムネ味ですから、薬を飲むのが苦手な子供でも飲みやすくなっています。

 

 

コドミンはサプリメントであるため副作用の心配がない

お子様が小学校に入学したときに、担任の先生から「集団での行動が難しく、突発的な発声や衝動的な行動が見られる」という連絡を受けた保護者の方も少なくありません。

 

衝動的に叩くなどの行動によって他の子に対してケガをさせてしまったり、授業を邪魔して迷惑をかけてしまったりと、周囲の保護者からしつけがなっていないという見られ方をして悩んでいるという方もいます。しかし、それらの行動がADHDによるものである可能性もあります。

 

先天的なものであり、お子様の個性の一つとして受け入れてあげることも大切ですが、集団生活に馴染むことができないと、お子様本人が学校に馴染めずに不登校気味となってしまうなど、二次障害の可能性も否定できません。

 

正確な診断については医療機関で受ける必要がありますが、まずはお子様の行動面を落ち着かせる一つの方法としてサプリメントを利用してみることがおすすめです。

 

コドミンは、お子様の衝動的な行動や落ち着きの無さなどADHDの傾向を改善できる可能性のあるサプリメントとして、多くの保護者の方からの支持を集めています。基本的に食品であるために副作用の心配もなく安心して使用することができます。

 

お子様が学校で充実した生活が送れるようになったという報告もありますので、まずはお試しになってみてはいかがでしょうか。

 

⇒コドミンをちょっと試してみたい方はこちら