気になるコドミンの副作用とは

気になるコドミンの副作用とは

サプリメントの中には、お子様の悩みを改善できる種類があります。授業中や電車の中などじっとしていられない、しかっても同じことを繰り返す、常に落ち着きがないなどの症状が出ていたら、コドミンが効果を出してくれるでしょう。コドミンには、大豆に含まれているホスファチジルセリンが配合されています。

 

この成分は子供の集中力や記憶力、そして落ち着きを助けてくれる効果が期待されているのです。お子様が口にするため、副作用が気になるご両親も多いでしょう。コドミンは、大豆から抽出した成分を使用しているサプリメントなので、副作用については記載されていないのです。

 

しかし大豆など、使用している原材料にアレルギーがある場合には、服用を避ける必要があります。使用前に材料を確認すると安心です。また体調や体質によっては発疹が出る場合があるので、その時はすぐに使用を中止しましょう。

 

どのような健康に良いと言われている成分でも、大量に摂取してしまえば思わぬ症状が出てしまう事もあります。そのため、1日に決められた用量を守り、また最低でも三か月間服用するようにしましょう。サプリメントなので即効性がないため、一定期間の服用が必要になります。

 

 

ADHDの問題行動を緩和してくれるサプリ、コドミン

発達障害の1種であるADHDは、「注意欠如多動性障害」の通称です。我慢ができず落ち着きが無い多動性、思いつきで行動してしまう衝動性、集中力が無い不注意の3つが症状の特徴です。

 

お子様に、これらの問題行動が顕著にみられる場合、性格やしつけの問題ではなく、ADHDの障害による可能性も考えられるのです。ADHDの原因は、遺伝が原因の先天性の脳の障害よるものがほとんどで、脳の記憶を司る前頭葉前部などが、通常よりも小さいとされています。

 

症状のあらわれ方には個人差があり、正しい診断は精神科や心療内科で診断を受ける必要があるのです。病気ではなく発達障害のADHDは完治することはないのですが、問題行動を抑えることはできるのです。コドミンは、ADHDの問題行動を抑える効果が期待できるサプリです。

 

コドミンは、大豆由来の、ホスファチジルセリン(PS)を含んでいます。ホスファチジルセリンは、リン脂質(レシチン)の1種で、細胞膜を形成する重要な物質、ホスファチジルセリンは脳の重要な栄養素とも呼ばれているのです。

 

脳の情報伝達を促し、集中力の向上と心を落ち着けてくれる効果があり、ADHDの多動性、衝動性、不注意の問題行動に効果が期待できるのです。コドミンは継続して、約3ヶ月飲み続けることで効果があらわれるとされます。

 

コドミンは、お子様も飲み続けやすいやすいラムネ味、気軽に続けることができるのです。

 

⇒副作用なしのコドミン公式サイトはこちら